表題 Pictures 当siteは左サイド「お知らせ」をご参照下さい
ラインナップは右サイドにあります
文章は刻々、加筆&充実しています
ぜひ「宝の在庫」も再読して下さい
Welcome to chirameki.com
アイデア! 企画!! ひらめき♪ 新発想♪♪ 思いつき♥♡ 無料提供します
新掲載
加 筆
修 正
ひらめいた
情 報
2015.5.20 僕のアイデア集034 「教育関係費を大幅に抑え日本人を世界一ハイレベルにする方法」執筆を開始
2015.5.20 僕のアイデア集033「投票率を上げて商業活性化」に追記
2014.12.16 僕のアイデア集033「投票率を上げて商業活性化」を掲載
2014.5.12 僕のアイデア集032の表題を 「地方鉄道衰退の犯人を見つけた!」「ローカル線の活性化策と実践問題」に改編し、内容を大幅に充実
2014.2.27 僕のアイデア集032「ローカル路線の活性化方法」を掲載
2014.2.13 ローカルアイデア「フェリー事業を振興させるぞ」を掲載
2014.1.8 僕のアイデア集031「待機児童解消最優先に反対」を掲載
チョウ 僕のアイデア集=034
 教育関係費を大幅に抑え
 日本人を世界一ハイレベルにする方法
  • 【読んでいただく前に】とりあえず客観的な現状批判の文言が続きますが、 本論は非常に現実的で具体的な内容ですので、安心して読み進んで下さい m(_ _)m
  •  いつの間にか、格差社会づくりが着実に進められています。 これを進めているのは新自由主義といって、一部の金持ち(某首相お友達)が金と権力を握れば、 その権力者は永遠に権力者としていけるようにする社会づくりです
  •  格差拡大がまずいのは、優秀な素質を持った者が、その素質を発揮できないまま一生を終える可能性がぐんと高まってしまうことです。 これは国家的な損失です。そのことを隠すためにも新自由主義の権力者は、 強大な権力でマスコミに対する圧力を高め、マスコミは的確な批判能力を失い、格差拡大はますます進みます。 ニュース番組でコメンテーターが「有識者」から「芸人・TVタレント」へ交替しているのは、 「芸人・TVタレント」は、ご都合「有識者」よりもさらに、権力の都合にあわせた低レベル発言をしてくれるからです
  •  テレビ番組も音楽も「恋愛」「エロ」「おしゃれ」「グルメ」の情報ばかり与え 「政治批判は許さない」という方法です
  •  このまま進むと日本に未来はありません。「若者の白痴化」「イエローキャブ」など、 世界中から笑いものになろうとしています。 昔から「右派権力にとっては、国民はバカなほど政治はやりやすい」といわれ、 新自由主義にとって「バカ」が増えているのは理想的なんですね
  •  でも大丈夫!「なろうとしている」ということは、つまり、まだ間に合います
  •  教育関係だけに絞って、いわゆる後進国を見ても、日本がいかに遅れているのかが分かります。 例えば米国と国交回復したキューバは、経済封鎖でどれほど苦しくても「人材は国の宝」として学校教育を無料にしてきました。 他国を見る場合、右傾化(というより低レベル化)が激しいヘイトスピーチ番組のように、蔑(さげす)むためではなく、 良いところを見るようにして下さいね
  • 言語能力向上に大切な日本語と外国語の向上策
  •  かねて不思議だなぁ〜って思ってきたことですが、中学生くらいで英語が得意な子って、 国語の成績が良くないと、英語力そのものも伸びないですよね
  •  (本稿のあらゆる文言は「大勢」とか「おおよそ」「総体的に」です。個人差はあります)
  •  日本語は世界でもトップクラスの繊細な表現ができる言語です。 英語は表現力が乏しいので英訳すると意味が伝わらないことって多い。 「もったいない」など、日本語が世界共通語になるのも、そのためです
  •  日本語の小説、詩、童話などを「読む」「理解する」だけでなく、 山野を散策して詩作し、表現できているか検証しあうなど「使いこなす」教育にしましょう
  •  英語力の向上は簡単です。これを行うと、日本人全体が一挙に向上します。 基礎が劇的に上がれば、優秀さで世界に冠たる大和民族の「出来る人」は、さらに上を行きますので、 英語の使い方で世界をリードする人が出てくるかもしれません
  •  「その方法とは?」「続きは有料で!」なんて言いませんので、安心して読み進んで下さい
  •  その方法は「カタカナをネイティブに(原音に近い表記に)すること」です。 例えばビール。イギリスに行って「ビール」と言って通用します?しませんよね。だったら「ビア」と表記すべきです
  •  これを進めていけばいいだけです
  •  ただ、イギリスの飲み屋でおっちゃんたちの声を聴いていると「ベア」の方が近かった。 「本当かよ?日本でベアと言ったら熊じゃん!」と思いましたが、思い切って「ベア」と言うと 各種あるサーバーを示され「ディスワン」と指さすと入れてくれた。ベアで通用したのだ
  •  地下鉄は、米語では「subway」ですが、英語では「underground」ですよね。 イギリスの地下鉄マークは「UG」ですもんね。メトロはフランスです。tubeは米語かと思いきや英語でした
  •  カタカナ語のネイティブ化では米語にするのか英語にするのか決断が必要です。 個人的には同じ島国の英語の方ですが…
  •  言っておきますが、筆者は英語が全く出来ません。 上記の中で言えば、トップは「タァップ」、クラスは「クラース」にした方が良いのかどうか判断できません。 文中で恥ずかしいところがあってもお許しください
  • 視野の拡大に資格を使おう
  •  幼小中高大(専・短)のうち、高校くらいから、資格を複数取得するようにしましょう。 学校教育は職業訓練ではない。これは確かです。この項では教育とは何か?を考えた上での話ですので、 産業界が「社会で役立つ知識等を取得する場」なんて言うことにはこの項では大反対です
  • 受験や学費はもちろん「下宿代」「飯代」も大幅に下げる方法
  •  少子化で学校経営が危ないと言われ久しいのに、例えば大学も一向に減りません。 最大の理由は、とんでもない高額な学費にしているからです
  • 留学に単位を与えよう
  •  2015.5.20試作開始。途中稿で m(_ _)m ゴメンナサイ
チョウ 僕のアイデア集=033
投票率を上げて商業活性化
  •  【その1】選挙のついでに地域経済を活性化させよう
  •  「投票に行っても良いけど、ついでに買い物ができれば」と言う方は多い。 しかし投票所は小中学校や公民館など、商業地域ではないところの方が多いのではないでしょうか?
  •  これでは国民や市民の日常生活と、かけ離れてしまっています。 「わざわざ行くから価値がある」という意見は思い上がりです。その思い上りは政治家の思い上がりと同じで、 だからこそ低投票率になっているのです。とても民主主義の先進国とは言えない投票率で、国際的な恥です。 一刻も早く恥をぬぐう必要があります
  •  モール、スーパー、商店街などに投票所を設ければ、この問題は解決します (ただし浸透するまでに数回の選挙を要します)
  •  そこでの投票可能住民の範囲は、従来の5〜20倍くらい広い範囲とすること。 もちろん同一選挙区内に限ります(他選挙区にも対応可能なら広げていけば良いだけ)
  •  ⇒ 投票に来られる  ⇒ 投票者の情報を選挙区の選挙管理委員会(不在者投票や期日前投票するところ)へ送信する  ⇒ 選管から本人確認情報が返信される  ⇒ 本人確認 ⇒ 投票可能になる‐という仕組みです
  •  投票通知はがきに本人確認情報が入ったバーコード印刷で対応しても良いかもしれません
  •  複数の選挙区あるいは複数の投票所に対応していく投票所の候補地は、一つの市区で見ると、さほど多くない。 なので、初期設備投資額はかなり低額で済みそう。大きな市や区で1ヵ所くらいなので、政令市は単年度でほぼ済む。 都道府県は毎年1ヵ所づつ増やせば、10年で対象となる全域・全施設にシステムが整うはずだ
  •  投票所に詰める方は、パソコンを扱える方に切り替えていくと、他の要素が出てきた時にも対応しやすい
  •  遊園地や動物園などでもと考えましたが、投票者の住居範囲があまりに広く、 とりあえず商業施設で対応してはいかが?
  •  現状の投票では、会員への要請が強い団体組織を持つ政党の方が断然有利だ。 一国民とか一市民の声や生活を軽んじた、選挙違反の考え方であり実施方法だ。 選挙管理委員会は不偏不党でなくてはならない
  •  なので、ぜひ一般国民が投票しやすいようにしてほしい
  •  商業施設は「投票済票」と身分証明書提示で、20歳代なら300円、30歳代なら200円、 40歳以上なら100円の商品券を渡しても良いのではないでしょうか。 候補者とは関係のない、投票に行くことへのインセンティブなので、法的に問題ないと思いますが?
  •  商業施設の営業時間を投票(受付時)終了時刻の夜8時までにする必要はあります
  •  【その2】他の案も思い浮かべば、ここに追記します
垂水界隈ページへの入り口
ついに どうしよう?総アクセスが
26万件を超えました!
 垂水界隈の2013年7月1日〜7月31日の総アクセス(PV)は、26万7820件! 過去最多・2013年3月の23万7804件を約3万件も上回りました
 地域やお店のさらなる活性化へ新たな展開を準備中です。皆さんのご協力をお願い申し上げます
このページのトップに戻る  僕のアイデア集ラインナップは右サイドにあります
当ホームページ掲載の文章・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます  <免責事項・プライバシーポリシー サイトマップ